本当の気持ち

本当の気持ち

投稿日:2015年2月27日 カテゴリ:勢いで行った風俗話

僕はすごく好きな人がいます。彼女を思い続けてもう十年近くなってしまいますが、僕の想いはこれからもずっと叶うことはありません。というのも、彼女は旦那さんがいる人妻さんなんです。もともと、彼女とは学生時代に知り合いました。部活の先輩とその彼女というのが初めの出会いで、先輩に可愛がられていた僕は、頻繁に三人で遊びに行っていました。先輩は活発でモテるので、他に狙っている女子も多く彼女は何度も悩んだり泣かされたりしているのを僕は間近で見ていました。でも、結局出来ちゃった婚で先輩と結婚。それからも先輩は自由に遊んでいました。彼女に呼ばれて泣かれる度に抱きしめたくなる衝動を押さえ、その代わりに僕は彼女を慰めた帰りには名古屋の風俗街に行って彼女の代わりに知らない女をがむしゃらに抱きます。そうでもしなきゃ、これ以上彼女をはげますなんて出来ないんです。ホントは、すぐにでも先輩と別れて僕を必要としてくれれば、僕はいつでも全力で彼女を守るのに。でも、これからも僕は、彼女の相談相手を続けていきます。